Eventsイベント

一覧へ
2024年6月3日 17:40~ 19:10 (6限)

第90回 "How to win trust when doing business in Africa"

カメルーン出身であるEbede Ndi(エベデ?ンディ)博士が日本滞在の機会に、当センターにてご講演下さいます。学生や教職員関係者、一般の方?アフリカでビジネスをお考えの方のご参加もお待ちしております。 ◆題目: "How to win trust when doing business in Africa" ◆講師: Dr. Ebede Ndi(エベデ?ンディ博士) アフリカ研究に取り組むシンクタンク、コンセプチュアル?インスティテュートの創設者。サンフランシスコを拠点とするカリフォルニア?インテグラル?スタディーズ?インスティテュートで心理学の博士号を取得し、アフリカ中心の心理学?研究、研究方法、学術論文執筆の講義を担当。2016年、台湾の台北に移住し、現在は東アジアの教育機関でマーケティング、ビジネス英語、異文化ビジネスコミュニケーションに関する講義を担当。 https://www.ntu.edu.sg/cas/news-events/news/details/how-to-win-trust-when-doing-business-in-africa ◆要旨:Africa has become an irreversible center for business opportunities in this century and the next. However, lack of trust, fear of the unknown and the related uncertainty to succeed in this new "gold rush" adventure still dominate the minds of many Asian business leaders. The shortage of proper equipment, training, and knowledge of African business culture prevents them from prioritizing their investment in this emerging large market. Regardless of your preferred business interests, building trust and overcoming psychological barrier is of paramount importance when doing business in Africa. This seminar will equip you with the required conceptual and practical tools and techniques in building trust with your African business partner when you finally decide to make a safe and profitable investment move. ◆日時:2024年6月3日(月) 17:40~19:10(日本標準時)/ 8:40~10:10(グリニッジ標準時) ◆場所:対面(欧宝体育平台_欧宝体育在线-app下载 研究講義棟 207教室)& オンライン(Zoomミーティング) ◆使用言語:英語 ◆参加費:無料 【参加をご希望の方は、こちらより事前にお申し込みください。】もしくはQRコードより事前申し込み願います。 定員:対面30名 ? オンライン300名 申し込み〆切:2024年6月2日(日)※ 定員に達し次第締め切らせていただきます。 ※ Zoom情報はセミナー当日午前中までに登録メールアドレス宛てにお送りします。 ◆共催:日本アフリカ学会関東支部
ASCセミナー
第90回
2023年5月23日

第89回 "Human-Wildlife Conflicts and the Compensation Scheme around Protected areas of Rwanda. The case of Nyungwe National Park."

2024年度初めてのセミナーとなる第89回目ASCセミナーは、当センターに招へい客員准教授としてお越しいただいているグロリオズ准教授にお話していただきます。 ニュングウェ国立公園での研究についてお話をしていただきます。奮って、ご参加ください。 ◆演目: "Human-Wildlife Conflicts and the Compensation Scheme around Protected areas of Rwanda. The case of Nyungwe National Park. " ◆講師: Dr.グロリオズ?ウムジラネンゲ(Gloriose Umuziranenge)(Senior lecturer /Protestant Institute of Arts and Social Sciences (PIASS), Protestant University of Rwanda (PUR)、現代アフリカ地域研究センター?客員准教授) ◆要旨:In African countries human-wildlife conflicts such as crop-raiding by wild animals are common concerns for conservationists and surrounding populations. At different levels, these challenges hinder the achievement of conservation goals and the tolerance of wild animals by local people. The aims of the study are to assess: (1) the community perceptions on human-wildlife conflicts and (2) to assess the community' perceptions about the compensation scheme. A qualitative approach was adopted. The data were collected using semi-structured interviews from a sample size of 20 respondents which comprises of the representatives of the park management, key stakeholders including local communities who experienced crop raiding and conservation NGOs.The data were analysed using content analysis. The findings indicate that communities are affected by crop raiding which cause socio-economic and livelihood losses, food insecurity and injury. The findings also indicate that communities are not satisfied with the compensation scheme because of difficult requirements, complicated compensation procedures, rejection of compensation claims, undervalued payment and irregular compensation as well as delay of payments that cause the victims of crop raiding abandon compensation claims.The findings call for an improvement of the compensation scheme. Some Pictures of Nyungwe National Park and Crop Raiding in local community's farms. 【Key words: Human-wildlife conflict, Crop raiding, Compensation scheme】 Pic1. Nyungwe National Park Pic 2: Crop raiding in community's farm Pic 3: Crop raiding ◆日時:2024年5月23日(木) 17:40~19:10(日本標準時)/ 8:40~10:10(グリニッジ標準時) ◆場所:対面(欧宝体育平台_欧宝体育在线-app下载 研究講義棟 100教室)& オンライン(Zoomミーティング) ◆使用言語:英語 ◆参加費:無料 【参加をご希望の方は、こちらより事前にお申し込みください。】もしくはQRコードより事前申し込み願います。 定員:対面50名 ? オンライン300名 申し込み〆切:2024年5月22日(月)※ 定員に達し次第締め切らせていただきます。 ※ Zoom情報はセミナー当日午前中までに登録メールアドレス宛てにお送りします。 ◆共催:日本アフリカ学会関東支部
ASCセミナー
第89回
2024年4月10日

3名の留学生と Welcome Open Lunch

2024年春学期が始まり、学内も新入生を加えた生徒たちが増え賑やかです。 現代アフリカ地域研究センターでは、学生?教職員自由参加の月に1回(第一水曜日)にOpenLunchを行っていますが、学期が始まった今週?水曜日、新たににアフリカ各国から日本へ到着し、交換留学生として迎えられた3名と客員准教授として来日したグロリオズ博士のウェルカム?オープン?ランチを行いました。 アフリカ専攻の1年生の生徒達とも自己紹介し合う良い機会になりました。 既に交換留学生として滞在中のアフリカからの生徒たちも、各自ランチを持ち寄って参加してくれました。 今春に受け入れたのは、ザンビア大学からチャムシサ?ペギーさんとナンフクウェ?ムペルワさん2名、ヤウンデ第一大学(カメルーン)からクマトウォ?イェマタ?ヴェルジィアンヌさん1名です。 ヤウンデ第一大学とは2023年5月に協定を結び、今回本学として初めて交換留学生を受け入れることができました。 ペギーさんとムペルワさんは1学期間の滞在で2024年7月まで、ヴェルジィアンヌさんは2学期間の滞在で2025年2月まで本学に滞在予定です。 Iafp(大学の世界展開力強化事業)受入ページに、自己紹介文が掲載されますので、併せてご覧ください。当センターのHPにも順次記事でお知らせする予定です。
その他のイベント
3名の留学生と Welcome Open Lunch

Africa Today今日のアフリカ

一覧へ
2024/05/22/Wed

コンゴ民主共和国でクーデタ未遂

 19日、コンゴ国軍報道官は、クーデタを未然に防いだと発表した。この事件については不明な点が多いが、現在のところ、次の点が明らかになっている。  19日早朝、約40人の部隊が、チセケディ陣営の大物政治家ヴィタル?カメレのキンシャサの邸宅を襲撃し、カメレの護衛兵と銃撃戦になった。その後、この部隊は大統領執務室がある国民宮殿(Palais de la Nation)に侵入し、チセケディ大統領の追放を訴えたが、治安部隊に鎮圧された(20日付ファイナンシャルタイムズ)。  襲撃部隊の首謀者は、クリスチャン?マランガという米国に帰化したコンゴ出身者で、コンゴ人ディアスポラでは知られた存在であったという。襲撃部隊には、アメリカ人2人とイギリス人1人も参加していた。部隊のメンバーは、ザイールの国旗を振り回し、「モブツの子どもたちよ!万歳!」と叫んだ。マランガはその後射殺された(20日付ルモンド)。  キンシャサは速やかに平常に戻ったと報じられ、事件の直接の余波は限定的であるように見える。ただ、この奇妙な事件が、コンゴの政治的空白のなかで起こったことは確認しておくべきであろう。昨年12月の大統領選挙でチセケディが圧勝し、再選を決めた者の、その後今日に至るまで新たな内閣は作られていない。4月1日にトゥルカ(Judith Suminwa Tuluka)元計画相が首相に任命されただけである。  比例代表制を取っているためもあるが、コンゴでは小政党が乱立する傾向があり、多数派形成に時間を要する。それは実効的な政策実施に時間がかかることを意味している。 (武内進一)

News & Activitiesお知らせ?活動記録

ルワンダ絵画展"Perspective" TUFS(府中キャンパス)研究講義棟1Fで開催中です

2024年5月20日?5月30日
【是非、足をお運び下さい。】 ルワンダ絵画展"Perspective"(国際社会学部アフリカ地域専攻、 坂井ゼミ共催) ルワンダ絵画展"Perspective"(国際社会学部アフリカ地域専攻、 坂井ゼミ共催)が、欧宝体育平台_欧宝体育在线-app下载の研究講義棟1F通路にて展示中です。アフリカ地域専攻4年?菅沼蓮さんが企画担当し、ルワンダ出身アーティストの興味深い絵画を展示しておられます。TUFSにお近くの方は、是非、足をお運び下さい。 【日時】2024年5月20日(月)~30日(木) 平日9:00-20:00(土日除く) 【場所】欧宝体育平台_欧宝体育在线-app下载 研究講義棟1F通路(メインホール奥)? 入場無料 【主催】国際社会学部アフリカ地域専攻、坂井真紀子ゼミ ◆イベントのお問い合わせ先:ルワンダ絵画展担当 rwanda[at]tufs.ac.jp 詳細はこちら: https://www.tufs.ac.jp/event/2024/240520_1.html
お知らせ
ルワンダ絵画展

春学期が始まりました

2024年4月11日
Glorioseさんが受け持つ国際社会学部の専門科目?国際協力論1として「気候変動と開発 (Climate Change and Development)」 の授業が、2024年4月11日(木) 4限目 306教室にて始まりました。 テーマは、『気候変動と開発』です。昨今の異常気象やSDGsに関連する内容の授業のためか、たいへん多くの学生が興味を持って先生のクラスを履修します。
研究活動
春学期が始まりました

支えてくださっている皆さまへ?ペギーさんより?

2024年4月8日?2024年7月29日
ザンビアのザンビア大学より本学に交換留学しているペギーさん(チャムシサ?ペギー)さんより来日のごあいさつが届きました。ペギーさんは2024年度春学期から1学期の約4か月間、本学で学びます。 大学の世界展開力強化事業(アフリカ)より往復渡航費を支援し、日本留学を実現することができました。2024年春学期が終わるまでの4か月間、充実した留学生活が安心して送れるよう、大学の世界展開力強化事業(アフリカ)と共に支えていきます。 以下、ペギーさんからのメッセージです。 2024.4.8~2024.Julyザンビア大学 [ザンビア]ザンビア共和国出身 Konnichiwa, Mulibwanji, HelloMy name is Peggy Chamucisa from Zambia and a student Majoring in Development studies and International Relations, at The University of Zambia (UNZA).I like learning new things, interacting with friends, reading inspirational and educational books. I always like to stay positive all the time because I believe this is important for me as a leader, as I desire to make positive change around the world. I'm very happy to have been given this opportunity by TUFS, because I am looking forward to studying and understanding the methods and policies on how Japan has managed to develop and fight against climate change. and how best I can use that knowledge to develop my country. I would like to take this opportunity to express my sincere gratitude to The Japan Student Services Organization (JASSO).I thank the Inter-University Exchange Project Africa (IAfP) for taking care of my air flight tickets, and The African Studies Center at TUFS (ASC_TUFS) for accepting the offer in the learning program.Thank you so much to all my sponsors!
留学生招致
支えてくださっている皆さまへ?ペギーさんより?

支えてくださっている皆さまへ?ムペルワさんより?

2023年4月15日
ザンビア大学より本学に交換留学しているムペルワさん(Mupelwa NAMFUKWE)さんより来日のごあいさつが届きました。ムペルワさんは2024年度春学期から1学期間の約4か月間、本学で学びます。 大学の世界展開力強化事業(アフリカ)より往復渡航費を支援し、日本留学を実現することができました。2024年春学期が終わるまでの4か月間、充実した留学生活が安心して送れるよう、大学の世界展開力強化事業(アフリカ)と共に支えていきます。 以下、ムペルワさんからのメッセージです。 2024.4.8~2024.7ザンビア大学 [ザンビア]ザンビア共和国出身 Hello, Muli shani.My name is Mupelwa Namfukwe from Zambia, which is also known as the real Africa. I am a third year Development studies and project Management student at the University of Zambia.I am so excited to be a part of this exchange program. TUFS is a visual representation of a Global community as people from different parts of the world come together and share their culture in a country full and rich in culture.Therefore, I am looking forward to learn more about the Japanese language and third academia. My aim is to leave as a very knowledgeable student who will later share the knowledge gained to my home university.Lastly, I would like to express my gratitude to the Japan student service organization (JASSO) and the Inter University Exchange Project (IAfP) for according me this opportunity.I am truly grateful and I'm looking forward to my stay here.
留学生招致
支えてくださっている皆さまへ?ムペルワさんより?